診療案内

肺・呼吸が気になる

タバコによる咳・痰(COPD)

慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructive Pulmonary Disease)と呼ばれる病気です。タバコなどを吸い込むことによって、空気の通り道や肺そのものに障害が起こります。その結果、空気の出し入れがうまくいかなくなるため、通常の呼吸ができなくなり、息切れの原因となります。当院では、レントゲンや呼吸機能検査で治療する必要があるかどうかを調べます。