トピックス

子宮頸がんワクチン(9価HPVワクチン:シルガード9)接種できます

子宮頸がんを予防できる9価HPVワクチン(シルガード9)が当院で接種できます。
接種は計3回(初回、2ヶ月後、6ヶ月後)

接種費用
1)1回ずつのお支払い:30000円(税込み)× 3回

2)3回セット払い 85000円(税込み)*初回時に全額お支払いお願いします。

もちろん、4価HPVワクチン(ガーダシル)については、適応年齢の方へ公費(無料)での接種となります。
子宮頸がんとHPVワクチンについてはこちらを参考にしてください。(日本産婦人科学会HP)

新型コロナウイルスに関する自費検査

当院では希望する方を対象に、新型コロナウイルス感染症検査を「自由診療(自費)」にて行っております。ご希望の方は電話で検査予約をお願いします。

1)PCR検査(鼻咽頭ぬぐい) ¥12000+税
  院内機器で15分で結果が出ます。検体の中の新型コロナウイルスの遺伝子の一部を増幅させることで、ウイルスが存在するかどうかを判定します。
 *海外渡航時は、より感度が高い別検査が必要です。費用等ご相談ください。
    
2)抗体検査(血液検査)   ¥5000+税
  ワクチン接種、または、ウイルスが体内に入った際の免疫反応で作られる血液中のタンパク質(抗体) を調べるものです。ワクチンの効果判定、過去の感染がわかります。2−3日後に結果をお渡しできます。
 * SARS-Cov2 抗体 S IgG :ワクチンの多くはウイルスの棘にあたるスパイク(S)に対する抗体です。

次のような方におすすめします。
 1)濃厚接触者の方と、接触の機会があったが、自覚症状のない方
 2)職場などでPCR陽性者がいたため、心配になっている方
 3)田舎に帰省する、家族が妊娠している、など家族への感染を心配される方
 4)仕事柄、人と接触する機会が多いので、心配される方
 5)その他、無症状だが、なんらかの不安があり、検査を希望される方

ただし以下の方は対象外となります。
 1)新型コロナウイルス感染者と接触歴があり、濃厚接触者にあたる方
   → 保健所からの指示をお待ちください。
 2)咳や痰、発熱、倦怠感、味覚・嗅覚異常など感染が疑われる方
   → 通常診療の中で、無料検査(公費)の対象となります。
 3)その他、医師が対象外と判断した場合

新型コロナウイルスワクチン接種について

6/7(月)からかかりつけ患者さんにむけた、新型コロナウイルスワクチンの接種を開始します。ワクチン接種については、診察時にのみご予約を受け付けております。
高齢の方を優先的に予約させていただきます。

1日に接種できる人数には限りがありますので、早期の接種を希望される方は、城東区民センターなどでの集団接種をお勧めします。

前回お知らせしましたが、予約目的でのご来院や、電話でのお問い合わせはお控えください。

新型コロナワクチン接種について

現時点で当院でのワクチン接種開始は未定です。6月以降になります。
1日に接種できる人数には限りがありますので、早期の接種を希望される方は、城東区民センターでの集団接種をお勧めします。

当院では、かかりつけの患者さんのみを対象とした接種を予定しています。
受付やお電話での先行予約は行っておりません。日常業務に支障が出ますので、予約目的でのご来院や、電話でのお問い合わせはお控えください。

ワクチン接種については、診察時にのみ相談を受け付けておりますので、ご了承ください。